支払いカウンター薬

21 October 2017

©ジュピター/ヘメラ

2006年7月1日、新しいです "製薬ケアエネルギー経済法" (AVWG)が発効しました。 31パラ条によれば、3文1 SGB Vは今、患者が今から薬局で、追加の支払いなしに特定の薬を得ることができることを指定されています。

法定保険は2006年より前の7月1日までの薬のためのいわゆる処方箋料を支払ういました。この料金には、少なくとも5と10ユーロの最大でした。将来的には、彼らは、その価格の少なくとも30%に適用一定量を下回っているすべての薬のために排除されなければなりません。これは、同じ有効成分を含む他の薬に比べてはるかに安いがある場合、薬剤は、その後、追加の支払いから解放されることを特に意味しています。最初の製薬会社は、すでに割引と反応しました。

法律は主に薬の増え続ける支出を減らすのに役立つことです。新しい規制は、医師は、コストパフォーマンスに薬を処方して、将来的に大きな注意を払うように奨励されるべきです。

あなたはcopayment有料薬を服用する必要がある場合は、copayment無料の代替のために医師または薬剤師に依頼する怠ってはなりません。

18歳未満の小児および青年 - 処方箋規制のための共同の支払いから、一般的に免除 - 負担旅費を除きます。また、発達障害を持つ12年および青年までの子供のための非処方薬の自己負担の免除を検討しています。

Copayment-免除薬 (PDF 984キロバイト出典:www.gkv-spitzenverband.de)


Комментарии

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

3 + 7 =