発声障害(発声障害):セラピー

21 October 2017

発声障害は、様々な方法で処理することができる - 治療において通常であります 保守的 フォアグラウンドでの対策(手術なし)。ここでは、音声と音声治療の適切な使用について、特に学校での会話が重要です。小児では、音声の変更は、通常は無害であり、時にはそのため、少し待って長く、既存の病状まで音声治療を開始することが有用であることが多い。自分で消えます。

有機Dyshponieでは、基礎疾患を治療するための治療の最前線にあります。ここに提供するために、原因に応じて、 保存的または外科的方法 上。 (例えば、喉頭炎)の炎症を解決する医師から発声障害は薬で、通常、これらを扱います。手術なし - - 保守的である声帯結節やポリープ影響を受けることはないが外科的に除去することができます。特に、声帯結節で、これは必ずしも絶対に必要というわけではありません。間違った音声の使用は、新しい音声障害と結節数日以内に発生する可能性がありますので、操作時に、音声療法は、以下の。

声帯麻痺、発声障害の原因である、様々な治療の選択肢があります。時にはボーカル練習や声帯の電気治療は十分です。他の例では、手術が必要です。

機能的な音声障害ボーカル装置への有機ダメージは存在しません。したがって、それは問題の唯一の保守的な治療法です。不正確または過剰労作音声の使用した場合(いわゆる。ジスキネジー発声障害)を使用して、人のことを学びました 声と呼吸の練習 適した、低応力ボーカル技術を開発します。心因性発声障害(心因性失声)がある場合は心理的な条件を考慮しなければなりません。適切に感情的な問題への患者の臨床歴に応じて、 サイコセラピー 後処理しました。さらに、心因性音声障害の声と呼吸法治療サプリメント。


Комментарии

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

67 − 59 =