流行性耳下腺炎(おたふくかぜ):症状

21 October 2017

おたふく風邪の感染症(流行性耳下腺炎)の約30〜40%が症状を誘発しません。幼年期の病気の症状は発熱とAです原因 耳下腺の腫れ 病気の頻繁な兆候。

そのような食欲不振などの初期段階のおたふく風邪症状で、おそらく倦怠感や頭痛や体の痛みを引き起こしました。 1〜2日後に、痛みを伴う腫れは、通常、耳下腺(耳下腺炎)の両方が追加される起こり、それが特性を引き起こし "チャビー・チークス"、耳たぶリフトを引き起こします。必要に応じて、約2〜10人の患者の3に、この腫れはさらに2〜3日後に片側のみと第2の側面のうねりで発生します。

いくつかのケースでは、他の唾液腺および局所リンパ節が膨らみます。咀嚼や頭の動きが痛いです。一般的には、流行性耳下腺炎と年齢が高くなると、個々の症状の厚さ。

流行性耳下腺炎は、さまざまな症状を引き起こし、他の疾患の合併症として発生する可能性があります。最も重要なのはの炎症であります 髄膜, いわゆる髄膜炎。強い頭痛を表示することができます。まれに、(脳炎と呼ばれる。)は、脳の炎症に並列に - 男性はより頻繁に神経系のこれらの合併症により影響を受けません。発火や聴覚神経と内耳は、ルールだけでいくつかの時間の既存の聴力損失があります。

男性では、睾丸(精巣炎)の炎症が付随して発生する可能性があります。子供の頃には、睾丸の炎症は通常だけ、思春期後や成人期に臨床的に重大な感染症で前にいないいます。

また、聴覚神経、膵臓または卵巣が発火することができます。非常にまれなケースでは、他の臓器には、例えば、影響を受けます。


Комментарии

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

3 + = 9