インテリアのデザインカーペットは、最終的には無味シックなインテリアでソ連アパートメントを連想を呼び起こすために停止し、すべてのより明らかに異なるスタイルや方向における施設の配置でカーペットの巨大な可能性になります。 カーペットの種類 カーペットは長い間敷地内で使用されてきましたが、現代の技術ではさまざまな材料を使用してすべての可能な構成とサイズのカーペットを作ることができます。 すべてこれにより、すべてのタイプの居間にカーペットを置くことができます。特に、リビングルームの内部にあるカーペットのデザイン - 家の中央の部屋。 長いパイルのカーペット カーペットは違って長く昼寝しています。主に区別する: 高密度の長いパイルのカーペット、彼らは寝室に適しています。 リビングルーム、廊下、回廊のための短い昼寝付きのカーペット; 滑らかな織りのカーペットは、リビングルーム、子供部屋、バスルーム、キッチンに最適です。 ウールカーペット カーペットは天然素材と合成素材でできています: 天然:羊毛、絹、綿、革;
現在、消費者はカーペットの選択方法に問題はない. 以前は、一度に2つの機能を実行しました。彼らは、寒さから床と壁を保護し、もちろん、住居を飾っていました。カーペットは手作業で作られ、複雑なパターンで装飾されていたので、彼らは十分に高価であり、裕福な市民だけが利用できました。 今やカーペットは特別な装置の助けを借りて工場で作られています。天然の生地に加えて、合成物が広く使用されているため、色、モデルの種類を大幅に増やすことができ、もちろん価格を大幅に下げることができます。したがって、正しいカーペットを選択する方法を知ることは非常に重要です。 全体的に見れば、カーペットは今ではほとんどが装飾機能を果たすリビングルームにのみ必要です 今やカーペット自体は以前よりも人気がありません。スペースヒーティングのより現代的な技術のために、それらのための必要性は単にありません。より環境にやさしい安全な素材の登場により、カーペットの人気も大幅に低下しました。 現在、絨毯は殆ど装飾的な機能を果たすリビングルームにのみ必要です。さまざまなモデルを考えれば、床の上のカーペットを適切に選択する方法、いくつかのスキルを持っている方法のアイデアが必要です。したがって、部屋の全体像を損なうことがないように、カーペットを選択する際に特に注意を払うべきことを教える価値があります。 より環境に優しく安全な素材の登場により、カーペットの人気が大幅に低下しました カーペットを選ぶときはどうすればいいですか? 他の内装品と同様に、カーペットは特定の目的のために購入されます。したがって、次のパラメータに頼ることを選択した場合: 外観; サイズ、形状; 触覚感覚; 衛生的; ケアの難しさ;
カーペットは快適さ、柔らかさ、暖かさの象徴です。リビングルームや子供部屋に広がることはあまりありません。 古典的なインテリアのカーペットが果たした重要な役割。 彼らは簡単にこのスタイルの重大さと拘束を滑らかにし、部屋をより家庭的にし、またアパートの所有者の地位を強調します。 クラシックなインテリアのカーペット 古典とは何ですか? 古典的なスタイルの部屋を建設するときは、シンプルだが強制的なルールを守ってください。 明るい色はありません!多くの人々は、バロック様式と帝国様式を古典的なスタイルに誤って考える。もちろん、現代の現代性に逆らうことはできますが、古典的には、予約されたパステル調の組み合わせが原則です。 おそらく装飾品や絵画で飾られたモノフォニックでなければなりません。豊富な異なるプリントは、特に小さな部屋の場合、インテリアを「安価」にします。 珍しい装飾として、石膏彫刻やスタッコモールディングを加えることができます。 対称性の基礎を守ります - これは古典的なスタイルスタジオの基礎です。 表面はモノフォニックでなければならず、おそらく装飾品や絵画の装飾品でなければなりません 色の選択
一見したように子供の部屋の配置はそれほど単純な問題ではありません。壁のコーティングから家具までのすべての屋内は、機能的で信頼性が高く、同時に美しいと同時に、環境安全の要件を満たさなければなりません。 子供用カーペットが床に置かれています - 例外はありません。子供の部屋のカーペットは、寒さから赤ちゃんを守り、寝心地と快適を作り出すように設計されています。したがって、託児所での絨毯の選択は深刻な問題です。 子供の部屋のカーペットは、寒さから赤ちゃんを守るために設計されています。 子供とカーペットの年齢 新生児はカーペットを必要としません。しかし、夜の裸足で泣いている赤ちゃんに起きる両親には、それは便利です。 半年で、赤ちゃんは独立して動き始めます。床にカーペットを這うことは単に必要です。子供がどこにでも登ることができるので、部屋の全領域をカバーする必要があります。この場合、実用性を忘れないでください。カーペットはしばしば洗濯され清掃されます。 半年で赤ちゃんが独立して動くようになるので、安全で実用的なカーペットを購入する必要があります 子供は積極的に歩き始め、独立して遊ぶので、床には実用的で快適な子供用カーペットが必要です, タンブリング、フェルトまたは静かなゲーム。実用性、頻繁に湿式洗浄、環境安全、静かで非刺激的な色 - 赤ちゃんの絨毯を選択する基本原則を実行する能力。 床に子供のカーペットは、静かなゲームだけでなく、クロール、タンブリング、フェルトに適している必要があります
部屋の中の白いカーペットは、清潔さと爽やかさを表現しています。. それは調和を保ち、広がり感を作り出し、視覚的に空間を広げます。インテリアの白い色が人気を失うことはありません。 エネルギー慣行への関心の高まりを背景に、天然素材で作られたライトカーペットはますます現代人の住居の装飾になりつつあります。女隊員はそれらをきれいにし、元の表面を素早く表面に戻すことを学んだ。彼らは簡単に汚れ除去剤で処理することができます、彼らは人の住居を暖め、長い間使用することができます。誰でも、リビングルームやベッドルームに白いカーペットを置くことで、特別な快適さを与えることができます。 部屋の中の白いカーペットは、清潔さと爽やかさを表現しています。 ミニマルなスタイルで家具を置いた自宅のパッシブ・レストのためのコーナーを作り、町の人は内部の長い昼寝をした白いカーペットを使用します。そのような製品は壮大な休息場所のように見え、誰もがその裸足の表面を歩くよう招待しています。 メモに! 柔らかくふわふわのマットでは、子供と遊んだり、1日の仕事の後に横たわったり、お気に入りのテレビ番組を見たり、音楽を聴いたり、瞑想したりすることができます。 スタイルの一部としてのカーペット 現代のカーペットは材料と構成が異なります。適切な選択をすれば、彼らは部屋の文体的独創性を強調することができます。 スタイルでフロアカバリングを選択するには、すでに部屋を満たしているものから開始する必要があります インテリアに白いカーペットは、多くのデザインアイデアの普遍的なソリューションです。それは家具のすべてのタイプに適しており、それは訪問者が少なく、その明るい背景に潜在的な脅威がないすべての部屋で使用することができます。白いカーペットの色は部屋をはるかに広くします。彼は内面の光で部屋を満たし、広々とした安定感を作り出します。 インテリアの白いカーペットは、自然な色の濃い色の背景に効果的に見えます。それは次のスタイルに優れたものになります: ハイテク -
心理学者は、幼児期から男の子は女の子よりも身体活動が多いと言います。男の子は走ったり、ジャンプしたり、転倒したり、ジャンプしたり、転倒したり、転がったりするのが好きです。 少年の託児所のカーペットは、子供を怪我から守り、床の上のゲームを快適にする必要があります. 両親がカーペットから期待するもの カーペットを購入すると、両親は赤ん坊の健康を守ろうとしています。 カーペットを買い、両親が赤ちゃんの健康を守ろうとしている したがって、製品を選択する際には、次のパラメータに注意する必要があります。 カーペットが作られた材料は電化されてはならない。 摩耗は高級を必要とするので、子供はカーペットの上をたくさん動かし、ベースを踏み外します。 製品上の塗料は手を汚さないでください。カーペット自体が鋭い化学臭を吹かないでください。 最適には、ベースおよびパイルを特殊な含浸で処理し、低アレルギー性のカーペットを提供する。 少年のための保育園のカーペットは柔らかい必要がありますが、床面には滑りません。 子供たちが望むもの はい、子供たちも欲しいし、選ぶことができます。若い紳士は、カーペットは彼のために意図されているので、彼らの意見を表明するために店に彼の両親と一緒に行く必要があります。 車でぶら下がったり、ペイントしたり、立方体のガレージを建てたりするには、子供が寝そべったり居心地の良い敷物に座ったりするのが一層快適です
誰もが絶対にベッドルームはアパートの特別な場所です。これは家の中で最も親密なコーナーだと言えます。ごくまれに見知らぬ人がここに来て、ここのオーナーは忙しい一日の後に引退し、リラックスして休むことを望んでいます。 この部屋は美しいだけでなく、快適でもあり、あなたは小さなものをたくさん用意する必要があります。そのような重要な些細な事の1つは、助けを借りて宇宙で優しさを生み出し、寝室のカーテンです。これらの装飾繊維アクセサリーの助けを借りて、あなたは部屋の特定のスタイルを強調し、快適な休息場所を作成することができ、明るい日差しや快適な睡眠のためのランタンの光から保護されます。 ランブキン付きのベッドルームカーテン 人々は2回のベッドルームのデザインのカーテンを考え始めている。(右の家具、装飾材料、アクセサリーと装飾を選択します)室内での修理の際、最小またはローカル内装リフォーム(織物アクセサリーの変更、四柱式ベッド付き機器等)について。 最も正しい選択 当然のことながら、寝室に適したポルティエを選ぶ方法の理想的な選択肢は、インテリア全体を作り出すことです。これは、部屋全体の設計が事前に選択されたとき、仕上げ材、家具の内装、その形状、および繊維付属品を指します。これらの材料すべてがそれらの間であらかじめ組み立てられているとき、それらの質感と色を与えれば、調和のとれたインテリアを作り出すことが可能です。 ベッドルーム用のカーテンと他の繊維との組み合わせ したがって、ベッドルーム用のチュールとカーテンは、ベッド用のキャノピーの材料や装飾用の枕を考慮して選択することができます。カーテンの模様は、ベッドサイドの敷物に模様を映したり、ベッドリネンに印刷したりすることがあります。 1つのコレクションからファブリックやレディアクセサリーを購入することで同様の選択をすることをお勧めします。通常、家具、壁紙、装飾的なクッション、ベッドルームのカーテン、シャンデリア、スココン、小さなアクセサリーなどのインテリアアイテムが1つのスタイルと1つの配色になっています。 花柄のベッドルームのカーテン ベッドルームの内部にある色を正しく使用することが重要です。基本色は2色以上でなければなりません。自然に、それはパステルの柔らかい色でなければならず、明るい派手な色ではありません。壁仕上げの場合は、最軽量の最初の色の壁紙やその他の仕上げ材を選択することをお勧めします。家具は2番目の色のいくつかの色合いで選択することができます。寝室のカーテンは、第1色と第2色の両方を組み合わせたパターンで選択することをお勧めします。また、色合いが面白いようにするには、明るい色合いのモノクロームのローマンカーテンを使用することもできます。次いで、同じドレープ布を装飾枕またはベッドカバーに使用することができる。あなたが寝室に敷物を計画するなら、それは壁と同じ色であるが、より飽和した色合いにしてください。 ストライプのベッドルームカーテン あなたは、あなたの寝室に適した選択(一つだけに他のカラー写真を添付することができ、特定の仕上げ、繊維材料に家具を移動しなくて)オプションの異なる組み合わせの数を考えると、仕事のほとんどが行われているということができます。調和のとれたインテリアを作ることはもはや大きな問題にはなりません。家具を整理するだけで、インテリアのアクセントの細部を強調します。 人気のある選択肢
カーペットは、長方形、円形、楕円形の繊維製品に属する。 それらのほとんどは、中央に完全な閉じた構図のパターン(飾り)を持っています。カーペットの端がリムのフレームになります。カーペットは手作業または機械で作られ、家具、家庭の2つの目的があります。 ほとんどのカーペットには、中央に完全な閉じた構図の模様(装飾品)があります しかしながら、いくつかのタイプの手作りカーペットは、独特の装飾機能を果たすことができる。カーペットは、主に断熱材、飾る部屋、壁、床、家具を覆うために使用されます。また、カーシートは、車の座席、オートバイ、家具や馬をカバーしています。 カーペットは、主に断熱材、飾る部屋、壁、床、家具 カーペットの品質は、いくつかの基準によって決まります。 天然または人工の糸。 パイルの高さ(6〜50mm)。 昼寝の密度(製品の1平方メートルあたりの結節数)。 マニュアルまたは機械で作成したものです。 ナチュラルカーペットはアレルギー性があるので、誰もが寝室やリビングルームを飾る余裕はない どのような品質のカーペットが良いですか? 自然の手作りカーペットの品質は、自然に問われます。そして、彼らは正しいだろうが、そのようなカーペットは質の高い原材料(ウール)で作られているという条件である。ナチュラルカーペットにはいくつかの重要な "buts"があります。原料にかかわらず、彼らはすぐに水分を蓄積するので、彼らは理想的な条件、敷地内にわずかな湿気の不在が必要です。